無料サーバー 本格宅配水クリティア3570円/月〜 ←クリック

斉藤佑樹さんの彼女ってどなた?

斎藤佑樹さんの彼女はモデルの野口由佳さん(プロフィール:生年月日1988年1月8日・年齢:23歳 ・出身地:埼玉県 ・血液型:A型 ・活動:ジャンル ファッション ・モデル)
だと言う噂があるんですが?本当のところはわかりません。もし、叶うならめぐり合っていっぱいの人達が楽しんでいる冬のイルミネーションが見られるところで二人で冷たくなった手をにぎり、目を見つめあいながら、息を吹きかけ二人っきりでデートしてみたいな!なんて怒られちゃうかな!多くのファンの皆様ごめんなさいね!

大学野球のエースに指名

早実時代は1年の夏から背番号18でベンチ入り。2年の夏からはエースとなった斉藤佑樹投手ですが、第36回日米大学野球選手権が7月4〜8日にアメリカのノースカロライナ州で行われる。その日本代表22選手が発表されました。斉藤佑樹投手が1年生ながらも、うれしい代表入りを果たしました。

今年からの日米大学選手権は一年とびでの開催となって、2008年と2010年には世界大学選手権が開催されます。斉藤佑樹投手はすべて勉強のつもりで一生懸命頑張りますと、強い口調で決意を表してました。

日本は敵地での開催では18回連続しての負け越しているようで、今大会でのアメリカ打倒へ最強メンバーを集めての参戦です。今回は大学選手権を勝った早大から5人を選ばれました。

河原井監督は今回の投手選択には完全実力最優先を強く語ってます。今回選んだ8人の投手はいずれも左投げ右投げの本格派で、力を武器にするアメリカに有利と言われる変化球タイプは選択してないようです。

日米親善高校野球で5試合中3試合に先発して負けなしと、アメリカとの相性は悪くないし、低めの変化球で確実に空振りが取れる斉藤佑樹投手には先発での起用もありうるような話も出ているようで、ますます大きな期待がかかります。

斉藤佑樹投手がんばって・・・!

早大優勝決定! 斉藤佑樹投手おめでとう

いい天気でしたね〜〜。そんな中、早大 9-5 慶大で早大が優勝しました。
前売り入場券をめぐっては各所でお祭り騒ぎになり、開場前に8000人の行列ができて、時間前に入場させるはめになったようです。

今日の早慶の2回戦では満員の36,000人のお客さんを集めました。天気もよくすがすがしい試合運びでした。

結果、早大が11安打で9点をあげて慶大を下して2季連続39回目の優勝を決めました。初回に2点を先制した早大は3回、松本の適打と原の3ランホームランで4点をあげ、続く4回にも細山田の2ランで序盤で得点を得ることができました。

先発の斎藤佑樹投手は6回に4点を失ったものの、その後に投げた松下、須田が慶大の反撃をかわし、持ちこたえながら逃げ切ってくれました。

慶大先発の中林は誤算で序盤の大量失点で打線が5点を返したものの届いませんでした。

勝利の後には、斎藤佑樹投手が1年生ながら胴上げされ、本人も1年生の僕が胴上げされるとは思ってもみなかったので、とてもうれしかったですと、とてもうれしそうな斎藤佑樹投手の笑顔が印象的でした。良かったね斎藤投手!

東京六大学春の開幕戦斎藤佑樹投手を見た

4月14日、東京六大学野球の春季リーグが開幕するので、第1試合の東大戦に斎藤佑樹投手が1年生開幕投手として、ひょっとして、登場するんじゃないかと、朝早くいそいそと出かけました。神宮球場は活気づいていた。すごい人だ。
とてもよいお天気で、ピッチャー斎藤を告げるアナウンスで、大歓声が湧き起こった。来て、よかった〜〜〜。
早大の一員としてマウンドに上がった斎藤佑樹投手は、特注の大好きな早稲田カラーに染めたグローブをしていた。ウーン、確かに赤っぽいステキなグローブだ。これなら、絶対にプレッシャーに勝てるね。第1球めは、140キロのストレートで危なげない投球がつづいた。結果、6回1安打無失点で、早大史上初めて1年生開幕投手として白星を飾った。おまけに打っても2回の初打席で三塁内野安打。大学初ヒットに一塁を駆け抜けた。
甲子園から神宮に舞台を移しても斎藤佑樹投手はやっぱりすごいスターだね。
約1万8000人の観衆を魅了した。

「甲子園の決勝より緊張しました。初球を投げるまでが人生で最も緊張しましたね」。と言っていたけど1年春の開幕投手白星は27年の宮武三郎(慶大)以来、80年ぶり2人目の快挙。あの怪物・江川卓(法大)でも成し得なかった快挙だそうです。
「神宮も席がまだ空いているので、満員にさせるように頑張っていきます」と、たのもしい斎藤佑樹投手です。また、たくさんファンが増えたみたいです。

入学式と初勝利

うれしいことが続きます。

斎藤佑樹投手が2007年4月1日(日)、新宿の早大戸山キャンパス記念会堂で行われた早大の入学式に出席しました。 相変わらず、斎藤佑樹投手はスーツ姿もお似合いで、両親から贈られた濃いグレーのスーツに、白地にグレーのストライプのワイシャツをスマートに着こなして、うれしそうに入学式に参加しました。結構足が長くモデルもいけるスタイルです。

2007年4月7日(土)に斎藤佑樹投手がやっと白星をとりました。いや〜待ち焦がれました。でも良かったです〜。早大の斎藤佑樹投手が東海大とのオープン戦に先発し、大学初勝利をあげました。初回から勢いに乗って、スピードも最速141キロの直球も出し、1四球を出したものの、打者4人を13球で仕上げました。2回以降も堅調なピッチングで連打は与えませんでした。順調に仕上がってきたようです。目指すは4月14日、東大との開幕戦先発をねらってます。試合終了時の満面の笑みさわやかですてきでした

早大野球部のマネージャーを希望

3月23日(金)から12日間の日程で、第79回選抜高校野球が甲子園球場にて行われます。注目はなんといっても、大阪桐蔭の大物といわれる中田翔選手は2回戦でついにそのバットが火を噴き盛り上がっているようです。

昨年の2006年、斉藤佑樹投手の夏の甲子園に春夏連続で出場し、夏の甲子園では、王者である駒大苫小牧を激闘の末に破り、優勝投手となった「ハンカチ王子」として一躍、時の人となった。140キロ以上の速球、カーブ、シンカー、130キロを計測する高速縦スライダーが武器の斎藤投手の早稲田大学入りで、早大野球部のマネージャーを希望する女子大生も殺到しいるといいます。

今の斎藤投手は、ハンカチ王子だけにとどまらず、まるで男性アイドルのようでいろんな事なんでも話題にしてしまう、まるで「スター」のようです。今後はますますスポーツニュースをにぎあわせるスポーツ選手としておおいに楽しみであり活躍を期待します。

早大教育学部への入学

斉藤佑樹投手が早大の推薦入学決定通知書交付式に出席し、教育学部への入学が正式に決まりました。学生服姿で記者会見した斉藤佑樹さんです。

「プロ野球が目標だけれど、学校の先生やアナウンサーなどのメディア関係にも興味をもってます。いろんなジャンルに挑戦したいです。」といつもながら、爽やかな表情で話してました。

また監督から「合コン禁止令」が出されていることについては、「仕方ないですね。」とちょっと寂しそうでした。これではいつ彼女が出来るんだろうと思いますが、将来すてきな奥さんと幸せな家庭を夢見ているんでしょうね? 
それまでがんばれ!斉藤佑樹投手。

早実・斎藤回復 練習に復帰へ

 早大に進学予定の早実・斎藤佑樹投手が13日、早大の練習に復帰しました。10日にインフルエンザに感染して一時は40度以上の高熱で練習を欠席してました。翌日、都内の病院で点滴治療を受けて平熱に戻りましたが、17日に予定されていたフリー打撃登板は18日以降に延期されました。

今後は3月2日からの沖縄・浦添キャンプ参加を目指し、市内のグラウンドで行われた練習に復帰しました。発熱という病み上がりにもかかわらず、58球を投げ込むなど回復力とパワー見せつけました。若いんですね! 「4日も休んで遅れているが、沖縄キャンプや春のリーグに向けて体調を整えてチームの柱になれるようにしたいです。」と答えてました。復活した斎藤投手にエンジンがかかったようだ!

まぁ山あり、谷ありでも、斉藤投手にはがんばってほしいです!

◆佑ちゃんニュース

早大・応武篤良監督(48)は、練習参加している早実・斎藤佑樹投手の今後のブルペン投球について、エース投手に育てるために現在9人いる捕手がローテーションで相手を務める計画を公表したようです。現役時代、捕手だった応武監督ならではの計画ですね。。
斎藤投手自身もその計画に喜んで乗り気のようで「新しい自分を引き出してほしい」と、未知の自分を見つけてもらえることを期待しているようです。

また、斎藤投手は今後の目標について「三振を狙っていき、六大学の記録も超えたいと思います。」と、ソフトバンク・和田(早大)の持つリーグ記録・通算476奪三振の塗り替える記録を樹立したいと目標を掲げました。メジャーという将来の大きな夢を達成するために佑ちゃんがんばれ!

原点

小さいときから一途に思い続けることができる対象が見つかった斉藤選手は幸せ者です。

斎藤投手は、小学1年から投手として野球を始め、生品中学ではやはり投手として中学3年の大会で、関東大会8強に入り注目を浴びました。進学時には地元の強豪・桐生第一高校や神奈川の横浜高校からも誘いがあったと言われてます。早実に決めたのは「お兄さんが東京で暮らしているということと、野球だけでなく勉強もきちんとやれる」という理由で決めたようです。

0歳からの親友と言う田部井雅行君の話では「小学6年生の時から英語の塾に通っていて、その時からメジャーを考えていたのではないかなぁ」と話す。その頃すでに佑ちゃんの目は海の向こうを見ていたのかもしれせん。また中学の卒業文集では「荒木大輔二世!!」と自らの将来をちゃめっけたっぷりに語っていたそうです。

その後、ロッテの黒木知宏投手のものすごいファンになり、ず〜っと『黒木!、黒木!』と言っていて中学時代はハンカチではなく「黒木タオル」で汗をぬぐっていたと語ってます。このことからも当時は斉藤選手の目標がロッテの黒木投手だったことが伺えます。斉藤投手の原点が垣間見る気がします。

これから野球を目指す若者も、他の将来を目指す若者も、目標を見定めて、ず〜っと思い続けて努力することが自分の目標の近道ではないでしょうか?
継続は力!と言われます。よし!がんばっていこう!